【現役合格】東大の推薦ってどんな人が受かっている?調査してみた!

大学受験

こんにちは!東大生ブロガーのこくれんです。

今回は、東京大学の推薦入試に合格した僕が、合格者にはどのような特徴があるのか、高校時代にどんな活動をしていたのかについて調べてみました!

以下のような人におすすめ!
  • 東大の推薦入試を目指しているけど、自分が合格できるのか不安……
  • 東大の推薦入試については聞いたことがあるけど、実際どんな感じなのか知りたい
  • 推薦入試に合格する人の特徴を知りたい

1.コンテストに参加している

まず、結構な人に共通して言えるのが、コンテストの受賞歴があることです。コンテストとは何かというと、例えば数学オリンピック物理オリンピック化学オリンピックなどです。いわゆる「競技科学」というやつですね。東大の推薦生と話していると、過去にこういったコンテストに出場していたと言う話を聞くことがよくあります。さらに勝ち残って国際大会まで出場した人も少なくありません。

僕も実際に化学オリンピックに出場していて、それを推薦入試のネタに使ったと言う背景もあります。ちなみに僕が参加した化学オリンピックについての記事は以下から読めます。

オリンピック系のコンテストだけでなく、模擬国連数学甲子園など、いろいろなコンテストに出場している人がたくさんいます。もちろん、ただ出場してるだけでなく、金賞や優秀賞などの素晴らしい結果を残している場合が多いです。

また、話を聞いていると、最初から金賞などの結果が出ていたわけではなく、中学生の頃から何度も参加して、やっと高校生になって結果が出てきたと言う人もいました。こういったコンテストに参加する人の多くは高校生になってから初めて知ったり、先生に勧められて参加したりするものですが、結果を残す人は早くから努力をしていたのだとわかります。

このように、推薦入試で合格される方は早くからいろんなことに挑戦していると言うことがわかります。また、話を聞いていると、東大推薦のためにコンテストを頑張っていたと言うわけではなく、たまたま良い成果が出たから東大推薦に出願してみようとなった人が多かったです。僕もそのような形で先生から声をかけられて出願する運びになりました。そのあたりの経緯の詳細は以下の記事から読めますのでこちらもご一読ください。

2.自分の研究分野を持っている

2つ目の特徴は、自分の研究分野を持っている人が多いと言うことです。これは理学部や工学部など、理系の推薦生に特に多いです。

具体的には、SSH指定校や、都道府県のプログラムなどで実験をしていた人が多いです。例えば、環境問題の解決のための新しい方法を考案して実践してみたり、自分でロボットを作成してデータを取ったりしている人がいました。このような能力は理系分野で高く評価されるため、推薦合格の鍵になったのだと思います。

僕自身は大した研究はしておらず、学校のプログラムで熱気球を作って調べ物をした程度でした。そのため、研究の経験という面では大きな評価は得られなかったと思います。しかし、僕はMOFの研究がしたいと言うことを面接で熱く語ったため、そこの意欲が評価されたのだと思います。

このように、実際に研究した経験が浅くとも、自分が研究したい分野を明確に言語化して熱く語ることができれば、推薦入試の勝機は見えてくると思います。実際に、法学などの文系の分野では、理系のようにデータを取る研究ではなく、ひたすら文献を読んで考えると言う行為が研究の礎となっているため、少なくとも何か一つの分野をしっかり勉強していることは、推薦合格のためのある種の必要条件なのかもしれません。

推薦生と話していても、この分野の研究がしたくて入った、と言う明確な目標がある人ばかりなので、この熱い気持ちというのは合格に必要なのでしょう。(大学に入ってから研究したい分野が大きく変わる人も一定数いますが)

3.英語能力

3つ目の特徴は英語ができる人が多いと言うことです。「英語能力」は東大推薦入試の募集要項で明確に評価されている学部もあるため、英語は当たり前にできていてほしいと言う東大からのメッセージなのでしょう。大学入学後は英語の論文を読んでレポートを書くことも少なくないため、語学力は研究者にとって重要な要素となります。

海外に短期留学に行った経験や、先述のコンテストで国際大会に出場した人も多数いて、英語が話せるだけでなく、実際に海外の人とコミュニケーションをとったことがあるという経験は高く評価されているのだと思います。英検やTOEFLなどの客観的な指標で英語ができることを示して出願したと言う人も多数いました。

僕自身も、GTECのスコアを出願書類に加えて提出しました。英検は東大推薦だけでなく、多くの大学で恩恵が得られるため、まだ出願する大学が決まっていないと言う人はとりあえず英語の勉強をしておくのが良いと思います。

まとめ

今回は東大の推薦入試に合格した人の特徴をまとめてみました。3つの項目に分けてご紹介しましたが、ざっくり一言で言うと、「積極性があって色々なことに挑戦している人」という印象があります。在学中の活躍も顕著で、大学でもより一層活躍している人も多くいます。

もし東大の推薦入試を目指すのであれば、まず自分が得意なこと、好きなことに向き合って、何かに挑戦してみるのがいいと思います。その挑戦が成功しても失敗しても、必ず将来の役に立つはずです。このブログを読んでくださった方が、何かに挑戦するきっかけになったなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

YouTubeTwitterでも情報を発信しておりますのでフォローや拡散をぜひお願いします!!

タイトルとURLをコピーしました