東大推薦って何?現役合格者が解説してみた

大学受験

こんにちは!東大生ブロガーのこくれんです。

みなさんは東京大学に、一般入試以外で入る方法があるということをご存知ですか?

かくいう私も一般入試以外の方法を利用して赤門をくぐることができました。その方法とは、ズバリ「東京大学学校推薦型選抜」という形式での入試です!

俗にいう、推薦入試のことですね。

この記事を読むことで次の疑問が解決されます!
  • 東大推薦入試って何?
  • 一般入試と何が違う?
  • 一般入試と比べてどっちが難しい?
  • 東大の推薦に適しているのはどんな人?


東大に入りたい方にとって、推薦入試という新たな選択肢を提供することを本記事の目標としています!

僕の合格体験記が気になる方は次の記事をチェックしてみてください!
東大に推薦入試で受かった話

東大推薦入試って何?

東京大学では、2016年から推薦入試を実施しています。定員は全学部学科合わせて100名で、2016年以前に存在していた後期日程の募集枠が移行した形になっています。推薦入試を東京大学が実施するようになった目的は以下の通りです。

東京大学の学校推薦型選抜は,学部学生の多様性を促進し,それによって学部教育の更なる活性化を図ることに主眼を置いて実施します。

東京大学 東京大学学校推薦型選抜のアドミッション・ポリシー

要するに、一般入試とは異なった特徴的な個性のある学生を求めているということです!

東大では以上の経緯で推薦入試を始めたわけですが、それでは推薦入試とは一般入試と比べてどのような特徴があるのでしょうか。

一般入試と何が違う?

東大の推薦が一般入試と比べて大きく異なるのは以下の三つです

  • 出願先
  • 受験形式
  • 合格後の大学からの扱い

まず「出願先」について、一般入試では理科、文科がそれぞれ三類ずつ存在し、自分の文理に応じて三つの中から選ぶことになります。一方、推薦入試では他の大学と同じように「学部と学科」を指定して出願することとなります。そのため、理系だと理学部、工学部、医学部などの学部から選択して出願することとなります。

次に「受験形式」については共通テストが課されていることは一般入試と同じです。しかし、個別試験については一般入試での筆記試験がなく、面接や小論文が課されます。学部ごとに詳細が異なるので、詳しくは東京大学学校推薦型選抜学生募集要項を参照してみてください。
※推薦入試と一般入試は両方出願することができるため、その場合は推薦入試が不合格だった時のために筆記試験も対策しておく必要があります。

最後の「合格後の大学からの扱い」について、推薦入試合格者はいくつかのメリットがあります。例えば早期履修進振り免除アドバイザー教員などです。

詳しく知りたい方は次の記事を読んでみてください!
早期履修?進振り免除?東大推薦のメリットについて解説してみた

一般入試と比べてどっちが難しい?

東大の入試でメジャーなのはもちろん一般入試の方です。一般入試と比べて推薦入試ははたして簡単なのでしょうか?
その答えはズバリ、人によります!

身も蓋もないので、もう少し詳しくいうと、東大受験を考えている人の中では一般入試が適している人と推薦入試が適している人に分かれるということです。ただし、十分な準備をしておけば、一般入試でも推薦入試でも特別な才能は必要ないということは言えると思います。

推薦と一般の違いについてもっと詳しく知りたい人は次の記事をどうぞ!
東大推薦と一般入試、どっちが難しい?合格者が徹底比較してみた

東大の推薦に適しているのはどんな人?

「東大推薦」などで少し調べてみると科学系のオリンピックの世界大会で金メダルを取った人や、高校生のうちからアプリ開発をした人など、いかにも天才のような人たちが見つかります。
このような記述を見て「自分には絶対無理だ・・・」といった感想を持つのも無理はないかもしれません。

しかし、以下の条件に少しでも当てはまったら東大の推薦に出願してみる価値は十分にあるのです!

  • 何か一つの分野で誰にも負けない熱意がある
  • 英語などの外国語をある程度流暢に話すことができる
  • 人と話すのが得意である

それぞれの項目について説明します。
まず「何か一つの分野で誰にも負けない熱意がある」という項目について。これは先ほども引用したアドミッションポリシーに記述されている、東大が求める学生像として掲げている文章を参照すると明らかになります。

本学の総合的な教育課程に適応しうる学力を有しつつ,本学で教育・研究が行われている特定の分野や活動に関する卓越した能力,若しくは極めて強い関心や学ぶ意欲を持つ志願者を求めます。

東京大学 東京大学学校推薦型選抜のアドミッション・ポリシー

東大には何でもそつなくこなすエリートがたくさんいます。しかし、それでは学生同士の刺激が足りないということで、何か特定の分野に特化した人物を求めているのです。

また、熱意があるということはその分野を突き詰めていけば結果も出しやすいということです。自分が好きな分野に関連するコンテストなどを調べて積極的に出場していきましょう。

「英語などの外国語をある程度流暢に話すことができる」という項目については、東京大学学校推薦型選抜学生募集要項を参照するとわかるように、多くの学部において歓迎される条件となっています。実際に面接でもいきなり英語の問題が飛んでくるということが少なくありません(僕も英語での質問がいくつか飛んできました)。したがって英語の学習は一つのキーポイントとなります。

最後の「人と話すのが得意である」という項目については、他と少し毛色が違います。この能力は「自分の魅力を最大限に表現できる」という意味です。推薦入試では教授との面接が避けられません。そのため、自分が頑張ってきたことをうまく説明できなければ十分な評価がなされません。

推薦入試を目指す際は、学校の先生や知り合いに相談して、面接の練習をしてもらったり、いろんな人と関わるようにしたりしてコミュニケーション能力を磨いていきましょう。

合格者の特徴についてもっと知りたい人は次の記事がオススメ!
東大の推薦ってどんな人が受かっている?調査してみた!

推薦入試の特徴を理解して出願を目指してみよう!

東京大学という組織が推薦入試を通してどのような人材を求めているか、またその人材を得るためにどのような形式の選抜を行なっているかについて説明してきました。今この記事を読んでいるのが高校生であれ、その保護者の方であれ、少しは推薦入試に興味を持ってくれたのではないかと思います。

推薦入試は天才だけが受かる方式ではありません

相手を見据えてきちんと対策を練ることができればゴールは近づいてきます。ぜひ挑戦してみてください。この記事を読んでくれた人や、その周辺の人が未来の後輩となることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

YouTubeTwitterでも情報を発信しておりますのでフォローや拡散をぜひお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました